excitemusic

ナチュラルシステムでの飼育記。
by sz-mas
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
非エキサイトブログ(感じ悪っ)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


底面噴出し、詳細編

…というわけで、肝心の底面吹き出し情報であります。
書いてたら止まらなくなって、長ったるいので分けちゃいましたw

で、今日も相当探したんですけど、結局、この原案はどこのサイト様発なのかはわかりませんでした。
私が作った時も、配置、配管についてもこんな感じだろうぐらいで、SHOPの店長が言ってたホース・・・どこに使うのかも解りませんでしたw

e0023074_23235314.jpg

まずは正面。MP400です。

一個しか見えませんが、二段重ねで下にもう一つ向きを変えて配置してあります。

VP13にマキシジェットの吐き出し口がほぼピッタシ。


少し余裕があるので、吐き出した時に水の抵抗でPHが抜けないようにシールテープを巻きつけてから差し込んでます。


PHは手前にストレーナー、下向きに吐き出し口。

塩ビパイプは水槽底面にあるエルボから、手前のコンパクトジェット(1.023worldを参照)下のエルボへ真っ直ぐ繋がってます。

マーフィードSETに付属していたキモいスケルトンブルーのエルボです。
もっと埋まるかと思ったんですけど、巻き込み水流で露になってますw

ちなみに底面を這うパイプは汎用吸盤で3箇所ほど固定してあります。砂を入れた時にズレると困りますし。
立ち上がったパイプは吸盤なしで、三重管とガラスの間に挟まれていてます。


肝心の水流は、スタポがなびきますけど、手を入れても至近距離からでないと殆ど感じられません。
思ったよりパイプ内に残留する水の抵抗が強いようです。


e0023074_23295747.jpg

解らない人もいないと思いますが、一応コレがエルボです。

パイプに接続する際、砂に埋めて使用するので接着はしてませんが、抜ける心配どころか、細かい砂が噛んでしまい、抜こうにも抜けませんw

この写真は13が無かったので16で代用。

e0023074_23342655.jpg

三重管内部のコケはどうすれば取れますか?w

・・・とまぁ、
そんな事より画像のように下へMP600を配置しました。

上が先ほど紹介したMP400です。

底砂に近いと吸い込んでしまいそうなので、少し離した方がよさげです。下ので7~8cmくらい離してあります。


そして、下の吐き出しユニットのパイプは底砂へ潜った後、エルボから真っ直ぐ進むのではなく、三重管を避けた後、曲げて対角の底面より噴出される配置になります。

エルボ接続で直角曲げだと、水の抵抗がダイレクトに出そうで気になり、一本の三等分になる2点をバーナーで熱し、手で曲げてあります。
これも同じく汎用吸盤で固定。

こちらの水流は、まぁ400に比べればマシかな?程度です。水流の欲しい方は、最低MJ750は必要かと思われます。



e0023074_23553824.jpg

かなり以前の写真ですが、大体こんな具合です。

遠目で見ても三重管の隅に配置してあるので余り目立ちません。
というより三重管が目に余ります。

コーナーBOXならPHも隠せたかも_| ̄|○ ガクッ


念のため、左の吐き出し口が上のMP400、右が下のMP600です。

コンパクトジェットの高さ確認する時は、砂を入れる前、すなわち立ち上げ前に水だけを張って行うのが望ましいです。
何故かというと、砂が噛んで抜けなくなってしまう恐れがある為、一度装着してしまうと・・・なのです。

方向も変えれなくなってしまいます(ノД`)


あと、余談として。

e0023074_0408.jpg
MPシリーズにはこのような部品が付いてきますが、吐き出し口をこれでやってしまうと、水流がネェ━━゚・(ノ´Д`)ノ・゚・。━━ッ!!に等しいくらい弱くなりますw

上へ向けるならまだしも、横方向へ向けようモノなら半分程度後ろから逃げてしまう事を頭に入れておいて下さい_| ̄|○

MJシリーズの方がリーズナブルなので、底面噴出しに使用されるならそちらをオススメします。


ただ、私はMJシリーズを持ってない為、VP13パイプにピッタシ合うかどうかは確認出来ないので保障しません。

見る限りでは恐らく合うだろう・・・と。
いずれMJ1000を買う予定ですから、その時にまたうpします。


こんな感じでどーでしょうか?
[PR]
by sz-mas | 2005-08-04 21:37
<< 4週待たされた串本 底面噴出し、出合い編 >>